IT・システム管理者クラス

  • データモデル:データモデルの定義とメンテナンス、集計構造、各ディメンションの関連情報について学習します。このモジュールは、eラーニングクラスまたは対面クラス(オプション)での受講が可能です。
  • システム管理者:CCH Tagetikリポジトリのセットアップとメンテナンス方法を学びます。
  • 技術の詳細:CCH Tagetikのアーキテクチャ、インストール手順、および構成について、詳細かつ実践的な情報を得ることができます。このステップは、ITスペシャリストのためのものです。

プロジェクトの深堀り:この最後のステップは、実際のコースではありませんが、学習パスを完了するために受講をお勧めします。このステップでは、各コースで学んだベストプラクティス、ヒント、および特徴を実際のアプリケーションとリンクさせて、ご自身のプロジェクトの資料化について学習します。これは、自分の知識を見直し、どの分野に追加の見直しが必要なのかを理解する絶好の機会となります。

どうしてこのパスに沿って学習する必要があるのでしょうか?
この学習パスは、製品のコアとなる知識だけでなく、ベストプラクティスやアプリケーションの保守と管理の方法を提供するように設計されています。これらのクラスはご自身のペースで受講することができます。
この学習パスを修了することで、CCH Tagetik を最大限に活用し、IT・システム管理者認定資格を取得するための投資を確実に行うことができます。