Vaillant Group
財務01 9月, 2017

Vaillant Group

Vaillant Groupは、CCH TagetikのソフトウェアソリューションをSAP HANA上で複数年計画のために導入しました。
私たちは、自分たちと一体となって先のことを考えてくれるプランニングツールを探していましたが、CCH Tagetikはまさにそれでした。
Vaillant Group Planning &Forecasting 部長 Christoph Siemons氏

挑むべき課題

ガス暖房から換気システムまで、Vaillant Groupは、暖房・換気・空調技術を提供する世界有数の企業です。13,000人の従業員を擁し、毎年約24億ユーロの売上高を計上しています。ヨーロッパの6カ国と中国に8つのブランドと11の拠点を持ち、ファミリー企業として国際的な地位を築いています。

そのプロセスを調和させ、報告システムを再構築するために、Vaillant Goupは "Controlling Excellence "という包括的なプログラムを開始しました。その中で、計画プロセス、特に複数年計画が試されました。これまで同社は、この目的のために古いプランニングツールを使用していましたが、それはもはや最新のものではなく、各部門や拠点のユーザーがほとんど統合されておらず、場合によっては本社の担当者しか使えないExcelベースのソリューションがまだ使われていたのです。

そこでVaillant Groupは、外部のコンサルタントと協力して、同社の要求を満たすことを重視しながら、どのようなプランニングソリューションが最適かを検討しました。その結果、機能性が50%、コストが35%となり、機能性が最も高く評価されました。機能性が50%、コストが35%で、残りの15%は将来性があるかどうかが評価の対象となりました。これは、Vaillant GroupのIT環境がSAPに強く依存していることを考えると、賢明な判断と言えるでしょう。

CCH Tagetikのソリューション

SAPソリューションが主流のIT環境において、国際的に事業を展開するファミリー企業であるVaillant社は、複数年計画を立てるためのツールとしてCCH Tagetikの採用を決定しました。CCH Tagetikは、Vaillant社に導入されたSAP HANA環境に完全に統合されました。従業員はビジネスウェアハウスのデータに直接アクセスすることができ、プランニングプロセスを大幅に高速化、そして正確に実行することができました。

CCH Tagetikは、既存ユーザーからの高い評価を得ているだけでなく、他社ですでに使用されているロジックを提供しているという点で、他の選択肢よりも際立っていました。同社が求めていたのは、自分たちと一体となって先のことを考えてくれるプランニングツールであり、CCH Tagetikはまさにそれを実現してくれたのです。

利点

SAP-HANAの統合

CCH TagetikをSAP-HANA環境に完全に統合し、追加のインターフェースを必要としない

高レベルのディテール

このデータは、予算や予測の情報と1対1で比較可能。予算の数値に極めて近い近い

より正確な計画プロセス

従業員はウェアハウスからもデータに直接アクセスできるため、計画プロセスが大幅に速く、正確になります。

サポート機能

製品ロードマップの統合とマーケット調査からのデータ

マッピング

計画プロセスの中で、多くの個別の特別な特徴をマッピング

計画にドライバーベースのアプローチを使用する

値上げ率に応じた価格展開をビジネスプランに盛り込むことができる
 

決算、連結会計
複雑なプロセスを簡素化するCCH Tagetikの決算、連結会計ソフトウェアで決算プロセスをスピードアップ。
Back To Top