Vanguard Case Study
財務23 8月, 2021

Country Malt Group

Country Maltはサプライチェーンソリューションで、需要計画、在庫計画、在庫補充の間にある垣根を除去
ケーススタディをダウンロードする

CCH Tagetikのソリューション

ビール醸造業界は数千年前から存在しており、醸造の背景にあるビジネスに違いはあっても、原料および技術の変化はさほどありませんでした。醸造所は大小問わず一様に麦芽を主原料として使用しており、Country Malt Groupはお客様にとって高品質な原料がいかに大切か理解しています。 
 
クラフト飲料業界は急成長し、流通ビジネスの大手として現在の地位まで上り詰めた中、完全に統合された計画ソリューションがないままでいることに、Country Malt Groupは今こそ自社の計画プロセスを改善し財務計画と事業計画の間に存在するギャップを埋める時と判断しました。 
 
ツールとプロセスが完全に統合されておらず、手作業による膨大な量の入力と保守が必要だったため、エラーや精度不足のリスクは一層高まりました。また、エンド・ツー・エンドの可視性も欠けていたため、サプライチェーンにおける連携は効率的ではありませんでした。 
 
財務計画、需要計画、在庫計画の間にある垣根を取り除くため、同社には部署間の連携を可能とする統一された計画プラットフォームが必要でした。 
 
進歩の遅い業界で需要計画におけるパラダイムシフトを求めていたこと、また計画のための真のサプライチェーンソリューションが確立されていなかったことから、Country Malt Groupは収益増と期限切れ原料および貯蔵関連のコスト削減に向け、CCH Tagetikのソフトウェアを選びました。そしてそのサプライチェーンソリューションにより、サプライチェーンを最新化し、それまでの手作業での入力から、需要や在庫に調整が必要なときは計画担当者に警告する自動サプライチェーンを導入することになりました。 
 
Predictive Planning™により、同社は在庫の最適化をモデル化し、さまざまなシナリオがサプライチェーンにどう影響するか把握できます。かつて計画担当者らは手作業での入力が必要であり、それが戦略的な意思決定力の妨げとなっていました。ですがこのソリューションを活用すれば、リアルタイムデータと市場インサイトに基づく最適な戦略の決定に時間をかけることができます。 
 
最新の導入事例をダウンロードし、Country Maltがいかにして需要計画、在庫計画、在庫補充の間にある垣根を取り払うことができたのか、ぜひお確かめください。 
ケーススタディをダウンロードする
サプライチェーン計画
サプライチェーンを調整する。需要と供給のバランスを取る。部門間でコラボレーションする。
Back To Top