財務19 4月, 2019

CCH Tagetik が提供する IFRS 17 ソリューションについて

CCH Tagetik の IFRS 17 向けソリューションがどのように特徴的か見てみましょう。

CCH Tagetik 's IFRS 17 offering
ビデオを見る
デモをリクエストする
字幕
IFRS第17号に準拠したCCH Tagetikは、データ入力から仕訳の出力までをエンドツーエンドにサポートするソリューションです。保険料の配賦、一般的な測定モデル、VFAなど、IFRS第17号で求められるすべての計算アプローチに対応しています。現時点で、すべての要件に対応した唯一のソリューションであり、IFRS第17号への準拠に向けたプロジェクトに今すぐ着手いただけます。CCH Tagetikソリューションは、ハードコードされたポイントソリューションではありません。IFRS第17号のデータモデル、ルール、計算式、検証機能が事前設定されたCPMプラットフォームであり、この点で他とは一線を画しています。財務部門担当の開発者がコーディングするのではなく、財務部門担当のコンサルタントが設定を行っています。これは、あらゆるタイプのソリューション導入におけるCCH Tagetikの基本方針です。CCH Tagetikのソリューションは財務部門のために財務部門が開発したソリューションであり、ユーザ重視の設計が採用されています。ユーザとソリューションのインタラクションはもちろん、管理や設定機能も充実しています。財務部門のユーザは、事前設定されたルールの使用はもちろん、ニーズに合わせたカスタマイズや調整も可能です。CCH Tagetikのプラットフォームは、多くのデータソースや出力データフィードと緊密に統合されています。このIFRS第17号ソリューションは、入力フィードである保険計理データウェアハウスと、出力フィードとなる総勘定元帳との間に位置するツールであるだけでなく、社外に向けたBIツールでもあります。このオープンプラットフォームは、IFRS 17プロジェクトを推進する上で、他にはない重要な鍵となります。CCH Tagetikは、IFRS第17号の他にも、IFRS第9号、第15号、第16号向けのソリューションも提供しており、 ソルベンシーII(Pillar 1、2、3)のソリューションは大きなシェアを誇ります。顧客が必要とする機能をすべて1つに統合しているため、テクノロジやシステム間でデータを移動する必要がありません。
すべてのビデオを見る