財務20 8月, 2021

クラウドベースの高度な分析を使用した、完全なS&OPのためのポートフォリオ検証

高度な分析を行うS&OPソフトウェアから大きなリターンを得るためには、定量的な専門家である必要はありません。それどころか、クラス最高のアプリケーションは、技術者ではないビジネスユーザーがデータとアルゴリズム技術を利用できるように設計されています。最終的な目標は、あなたとそのチームが明確な選択肢を確認できるようにソフトウェアが最善を尽くすことによって、あなたが最適な決定を下すのを助けることです。 
 
製品ポートフォリオを定期的に見直す理由はいくつかあります。それによって、製品のパフォーマンス、KPI、およびポートフォリオ戦略全体に関する役割とチームを統合できます。また、部門間の調整とリスク管理の共有を改善します。コスト削減、利益率、総利益率、長期的な市場戦略、またはこれらすべての目的で、製品ポートフォリオを最適化できます。 
 
非常に大規模なSKUボリュームや複雑な製品構成を持つ企業など、特定の企業では、ポートフォリオ検証は、需要検証や供給検証と同様に重要であり、月次(または四半期ごと)のS&OPプロセスの基本的な構成要素である必要があります。 
 
しかし、これは必ずしも簡単ではありません。多くの組織では、さまざまな部門がサイロ化して機能しているため、何をいつ、どこで、どのように生産して販売するかについての基本的な決定に関するコラボレーションが制限されているからです。これには、製品パイプライン、研究開発資源の配分、新製品の発売、段階的廃止、価格変更、利益率と収益性の目標、ライフサイクル管理、および全体的なポートフォリオ戦略に関する決定が含まれます。 
 
ほとんどすべての一般的なERP、BI、およびパフォーマンス管理システムがS&OPと予測ができると宣伝していますが、ほとんどのシステムは、予測によるビジネスの可能性を完全に実現できていないのが現状です。なぜ私たちは注目するのでしょうか。なぜなら、高度な分析手法に基づく予測は、すべての業界において、運用効率、コスト削減、顧客満足度に最も大きく貢献することは間違いないからです。そのため、予測とは何かを定義し、予測として一般的に販売されているビジネスインテリジェンス機能の混乱から分析を開始することが重要です。 
 
フォームに入力して、ホワイトペーパー「完全なS&OPのためのポートフォリオ検証」をダウンロードしてください。 

 
すべてのリソースを見る
Back To Top