Vanguard Case Study
財務24 8月, 2021

Fountain Tire

Fountain Tire:予測ソフトウェアにより、予測精度が15%向上 
コロナ禍に見舞われた時、私たちはポートフォリオ全体にわたる予測調整を一晩で非常に細かいレベルにまで行うことができました。かつてなら品目リージョンレベルまで押し下げるのに数週間かかっていた調整が、ほぼリアルタイムで達成できたのです。おかげで、ビジネスを推進するリーダーチームから発注を行う在庫アナリストまで、全員が同じ道を進み、一体となって行うことができました。 
Fountain Tire、在庫担当ディレクター、Ken Miller氏 
ケーススタディをダウンロードする

CCH Tagetikのソリューション

カナダのタイヤディーラーで自動車サービス業を営むFountain Tireは販売量と複雑さが増してきており、もはや社内の計画力では追いつかない状態になり始めていました。販売量の増加、SKU(最小管理単位)の増加、拡張、供給停止、需要変動、より多様なステークホルダーの意見のニーズに伴い、当時の同社の予測メソッドでは、信頼できる発注データの作成と顧客満足に基づくサービスレベル契約に必要な精度は満たせませんでした。 
 
そこでFountain Tireが選んだのが、AIを活用しスピーディで詳細なSKUレベルで予測が可能なソフトウェア、Predictive Planning™でした。 CCH Tagetik Supply Chain Planning によって、品目、リージョン、月次の予測データをスピーディかつ正確に作成することができます。 
 
この予測ソフトウェアがある今、同社の在庫アナリストらは煩雑なスプレッドシートでやりくりしたり、原始的な予測計算で予測を手作業で調整したりすることなく、予測ソフトウェアを使用して自動で新しいベースラインの予測データを作成することができます。サプライチェーンの履歴データは同社のデータべースから直接インポートされます。すると、AIを活用したモデリングが各製品に最も精度の高い予測メソッドを自動で判断し適用します。予測結果が大幅に向上したのはもちろんのこと、これまでアナリストが手作業で予測データおよび発注データの入力や確認に費やしていた時間が、予測管理および注文管理という、より価値のある時間へと変わったのです。そこでアナリストらは、市場インテリジェンス、連携、調整された目標および販売予想をもとに、改善されたベースライン予測の調整に力を注ぎました。 
 
より優れた標準予測データを自動生成できるPredictive Planning™は、正確な予測と、特別な市場および供給停止全体にわたる対応を可能にしたほか、ユーザーを予測の例外および問題発生箇所に注目するよう誘導しました。これはスプレッドシートの予測データを組み合わせることに代わる、手間のかからない手段です。 
 
フォームに入力して、Fountain Tireの導入事例をダウンロードし、ぜひご確認ください。 
ケーススタディをダウンロードする
サプライチェーン計画
サプライチェーンを調整する。需要と供給のバランスを取る。部門間でコラボレーションする。
Back To Top