将来の監査に注目

Wolters KluwerのコアバリューであるTeammateは、25年以上にわたる製品開発による顧客重視型アプローチを採用しています。この顧客重視型アプローチは、情報エコシステムにおける業界トレンド、技術の有効化、人材に関する状況の変化、統合されたリスク、監査に関する混乱に基づいています。俊敏性のある監査、それとも継続的なリスクモニタリング、あるいは将来の新たな傾向。どれを検討している部門でも、TeamMateは監査の進化をリードします。

監査マネジメント

ワークフロー全体での複雑な監査業務をより良く管理します。決定的な統合を使うことで、ステークホルダーとの提携、リアルタイムでのデータ収集をおこない、事業のステークホルダーにデータ主導型のインサイトを提供します。

自分たちの方法での監査

自分たちのプロセスに調整された一貫性があり明確、徹底的な監査方法を確立し、TeamMateを部門に順応させることで、業務を迅速に開始できます。

情報の共有を改善しながら、独立性を維持

全く異種のシステムや機能からのデータを監査プロセスにセキュアに統合し、組織の全体像を把握できます。

統合型分析

リスクアセスメントから報告に至るまで、監査プロセス全体にわたって分析をおこない、すべての監査においてリスク監視を強化して、以前は発見できなかった隠れた問題を特定します。

組織にインサイトを提供

より良い戦略的意思決定をおこない、同時に業務との提携を改善し、各部門を組織の目標に連携させ、戦略的な意思決定を伝えます

連絡先