Vanguard Case Study
財務24 8月, 2021

Charles River

Charles Riverは販売計画・業務計画ソリューションにより受注残を90%削減
予測モデルに販売・需要データを連動させ予測分析を導くという革新的なソフトウェアの手法により、当社のコロナ禍に伴う需要急増への対応力は飛躍的に向上しました。AIを活用し充実したデータに基づくモデルを組み込んだことで、前年に比べ受注残を削減できたほか、コロナ禍に伴う需要拡大にも対応し、ワクチンのサプライチェーンを遅延させることなくワクチンを安全に流通させることができました。
Charles River、CPIM CSCP、グローバルサプライチェーン担当ディレクター、Jody Rogers氏 
ケーススタディをダウンロードする

CCH Tagetikのソリューション

Charles Riverは、製薬業界、医療機器業界、バイオテクノロジー業界を対象にさまざまな前臨床および臨床試験サービスの提供を専門に行っている企業であり、製薬業界およびバイオテクノロジー業界におけるエンドトキシン試験キットの提供では中心的役割を果たしています。

2020年の初めに新型コロナウィルスが流行し始めてから、Charles River製品の需要はさまざまな形で拡大してきました。新規顧客からの大型注文、常連顧客からの注文の増加、そして原料サプライヤからの警告、これらはすべて同社のサプライチェーンが不確実性にさらされる要因となりました。

需要の拡大をより正しく把握し、今後の需要を予測し、イベントは特異的なものか、あるパターンの一部かを判断したかったCharles Riverは、予期せぬ事態もうまく乗り切れるよう弊社の販売計画・業務計画ソリューションに望みを託しました。

2020年、販売計画・業務計画ソリューションを活用したことで、同社は次のような成果が得られました。

  • 受注残の削減
  • 受注残日数:68%減
  • 受注残品目:86%減

導入事例をダウンロードし、Charles Riverがどのように弊社の販売計画・業務計画ソリューションを活用して、予想外のパフォーマンスを上げたか、ぜひお確かめください。

ケーススタディをダウンロードする
サプライチェーン計画
サプライチェーンを調整する。需要と供給のバランスを取る。部門間でコラボレーションする。
Back To Top