Blue particle lines spreading outward.
財務28 4月, 2022

CPM動向のグローバル調査

経営管理に関わる人や、プロセス、優先すべき技術についての洞察

新型コロナウイルスの感染拡大がもたらした様々なストレスは、想像を絶するものでした。2年以上にわたる不確実性を経験し、経営管理の領域ではテクノロジーを再度評価し、プロセスを改善し、さらに以下のポイントをクリアするための情報収集が始まっています。 

どのような課題を克服しなければならないのか?
どのようなテクノロジーがインパクトを与えるのか?
どのような問題が起こりうるのか?

私たちはどうすれば困難な問題や危機的な状況、そして大きなストレスに遭遇したときに、すぐに立ち直り前進することができるのでしょうか。この問いに答えるために、北米、欧州、アジア太平洋地域において従業員1000人以上の民間企業の経理や財務部門、経営企画、およびビジネスリーダー1320人を対象に、CPM(Corporate Performance Management)動向のグローバル調査を実施しました。


ここで学べること

  • 経営管理への期待はどのように変化したのか
  • リーダーはどのような将来の混乱を予測して、準備しているのか
  • 緊急に解決しなければならない共通のテクノロジーギャップ
  • 経理や財務部門における短期および長期の技術的な優先事項

2022年 CPM動向のグローバル調査レポートをダウンロードし、他社がどのように将来に備えているかをご参考ください。

すべてのリソースを見る
Back To Top