便利な単位記録でCMEのニーズを支援

UpToDateは、CME/CE/CPDプログラムとして世界各国の大学、学会、および認定団体の認定を受けています1。また、情報リソースや学習ツールとして国際的に利用されています。UpToDateで臨床上の疑問を調べると、その検索アクティビティやトピックの閲覧に費やした時間が記録されます。

サブスクリプション契約者は、米国医師会(AMA)の医師認定単位であるPhysician’s Recognition Award(PRA)Category 1 Credit™(3段階の学習サイクル)やその他の単位を選択し、医療従事者を対象とした世界各国のさまざまな生涯教育の要件を満たすことができます。サブスクリプションが有効な限り、アクティビティの完了時から最長2年間単位を使用できます(別途記載がある場合を除きます)。認定申告に使用した単位は、UpToDateのサブスクリプションが継続する限り保存されます。

単位を記録

UpToDate個人サブスクリプションの契約者や、UpToDate統合APIを実装した電子健康記録(EHR)などの医療システムからUpToDateにアクセスするユーザーは、臨床上の疑問を調べる度に、追加料金なしでCME/CE/CPD単位を取得できます。

UpToDateによる便利なAMA PRA Category 1 Credits™の記録や、CME/CE/CPD単位の使用についての動画をご覧ください

使用時間を記録

多くの医療従事者は、臨床リソースを読むのに費やした時間を記録する必要があります。UpToDateは、多くの国でCMEアクティビティとして認められており、自主学習の要件を満たしています。例えば、オーストラリアや英国の医師の多くは、自主学習による個人の単位要件を満たすために、UpToDateを使用した時間を記録しています。UpToDateを使用した時間がCMEとして認められるかどうかは、各国の認定団体にご確認ください。

UpToDateでは、単位を簡単に取得・使用できます。試験や料金は不要で、第三者機関を利用する必要もありません。取得した単位は、UpToDateモバイルアプリを使うなどの方法で、モバイル端末から直接いつでも認定申告に使用できます。

ご質問がある場合は、UpToDateサポートナレッジセンターでCME/CE/CPDに関するよくある質問への回答をご覧ください。または、UpToDateカスタマーサービスまでお問い合わせください

  1. 生涯教育(CME/CE/CPD)単位は、個人購読を研修医価格でお申し込みになる場合には取得できません。また、地域によっては、一部の購読オプションでご利用いただけない場合もございます。