UpToDateがケア、コスト、医師の満足度などにプラスの影響をもたらすと語るお客様の事例

ケアの質が向上
世界各国の医療機関が患者アウトカムの向上を求めて、UpToDateを利用しています。
uptodate
動画を見る
台湾の台中栄民総医院では、エビデンスに基づいたUpToDateの推奨が医療の質の向上に役立っています。その詳細を、臨床情報学ディレクターを務めるフランシス・プーン医師が語ります。
uptodate
動画を見る
UpToDateは、最新情報の把握や、インターネットで不正確な情報を得ている患者と重要な話をする時に役立つと、イタリアのパドヴァ大学医学部で内科学教授を務めるパオロ・ポーレット医師が語ります。
uptodate
動画を見る
リエージュ大学病院のCIOを務めるフィリップ・コール氏が、UpToDateのエビデンスに基づいた包括的なケア推奨について語ります。
Watch Video
Dr. Mike Fisher, Consultant Cardiologist at the Royal Liverpool and Broadgreen University Hospitals, United Kingdom, discusses how UpToDate helped him quickly diagnose and care for a patient.
UpToDateがケアに与える幅広いインパクトを実証する調査研究をご覧ください
複雑なケアに対処する臨床医がUpToDateで問題を解決
複雑な希少症例に必要な洞察を得た医師の事例をお読みください。
臨床医の評判が高い電子カルテへのUpToDate統合
電子カルテでUpToDateを利用できるようにした組織では、大きな変化が生まれています。
uptodate
動画を見る
ユナイテッド・ホスピタル・システムのCMIOであり、クリニカルエクセレンス部門ディレクターでもあるジェフリー・トライマーク医師が、UpToDate Anywhereを使用して臨床ワークフローの中でUpToDateを利用できる重要性を語ります。
uptodate
動画を見る
セントラケア・ヘルスシステムでは、どこにいても電子カルテでUpToDateを利用できることを臨床医が高く評価しています。その詳細を、副院長とCMIOを務めるダリン・ウィラードソン医師が語ります。
uptodate
動画を見る
オランダ最大の公共医療機関に数えられるUMCユトレヒトでは、UpToDateを電子カルテに組み込み、ワークフローで医療インテリジェンスを利用できるようになりました。その詳細を、IT部門ディレクターのHyleco Nauta医師が語ります。
uptodate
動画を見る
救急医療専門医であるデビッド・ローゼングレン医師が、(モバイルアクセスや電子カルテへの統合によって)ポイントオブケアですぐに重要な情報が得られるUpToDateについて語ります。
未来の臨床医を形作る
大学や学生は、医学の道を進む準備や、患者ケアに関する意思決定にエビデンスをいかに応用するかを理解するために、UpToDateを活用しています。