Vanguard Case Study
財務23 8月, 2021

Bundaberg Brewed Drinks

Bundaberg Brewed DrinksはPredictive Planning™で高いワークフロー効率と予測精度を実現
Predictive Planning™は初めから私たちの期待を上回るものでした。実装プロジェクトはスムーズに進み、効率の良いワークフローと精度の高い予測によって真のメリットが得られました。 
Bundaberg Brewed Drinks、IBPマネージャー、Andrew Perry氏 
ケーススタディをダウンロードする

CCH Tagetikのソリューション

Bundaberg Brewed Drinks(BBD)はオーストラリアで1968年創業の同族会社であり、ジンジャービールやノンアルコール飲料などのプレミアムドリンクで知られています。同社の飲料は60カ国以上で販売され、世界中で急速に人気が高まっています。

同社はこれまで、スプレッドシートをベースとしたプロセスで需要計画を管理してきました。ERPの限られた機能しかないツールは切り離されており、効率は良くありませんでした。グローバルプロセスの効率化とワークフロー効率および予測精度の向上を図るべく、BBDが白羽の矢を立てたのが、CCH Tagetikのソフトウェアによる需要計画ソリューションでした。

Predictive Planning™により、同社のグローバルな販売計画と需要計画のプロセスは、高い可視性とワークフロー効率を実現しながら一つに統合されました。

Predictive Planning™によって、BBDはグローバルに販売計画をサポートする統合プロセスを手に入れたのです。 

利点

ケーススタディをダウンロードする
サプライチェーン計画
サプライチェーンを調整する。需要と供給のバランスを取る。部門間でコラボレーションする。
Back To Top