ウェビナー財務

文藝春秋主催|ROIC経営 第4弾

05/30/2024 - 13:00-17:00 JST
Online

ROIC(Return on Invested Capital,投下資本利益率)は、企業の投資された資本に対する収益性を示す重要な経営指標の一つです。 2020年7月に策定された経済産業省の「事業再編実務指針」で、ROICが事業ごとの資本収益性を測る最重要指標として位置づけられて以降、ROICを経営上の重要指標に採用する企業が増えました。また、23年3月、東京証券取引所は、「資本コストや株価を意識した経営の実現に向けた対応について」を発表し、資本収益性の指標として、ROICとROE(自己資本利益率)の重視を示唆したことで、その動きはますます加速しています。 

こうした中、企業価値向上・企業価値創造のためにROICを活用する経営、「ROIC経営」を実践する企業に投資家は熱い視線を注ぎ始めています。ROICは理論的に非常に優れた指標であり、ROICとオーガニック成長率(およびWACC)が企業価値を規定します。一方で、現実の使用に際しては注意も必要です。計測の問題、単年度指標としての問題等があり、また、ROICは必ず成長性の指標とセットで用いないと、かえって企業価値向上を阻害するリスクにもなりえます。 

そこで、2022年8月、2023年5月、10月の開催に続く、第4弾の開催となる本カンファレンスでは「付加価値の高い、稼ぐ事業を見極めよ。投資家が重んじる事業成長の本質 」テーマに、「ROIC経営」の本質を理解し、活用する場合の留意点、投資家との建設的な対話や経営における迅速な意思決定の実現など、先行企業の取り組みなどを検証し、経営課題解決のインサイトを届けできればと存じます。 

≪開催概要≫ 

日 時 2024年5月30日(木) 13:00~17:00 
会 場 会場対面および、オンラインLIVE配信のハイブリッド開催 
会場参加:文藝春秋本社ホール(千代田区紀尾井町3-23) 
オンライン参加:Zoomウェビナー 
参加対象 企業経営者、経営幹部、経営企画、経営管理、 
財務・経理部門、IR部門など 
定 員 会場参加:60名、オンライン参加:800名 
参加費用 無料(事前登録制) 
主 催 文藝春秋 
協 賛 Tagetik Japan株式会社、株式会社マネーフォワード、 
株式会社LayerX 

※お申込み:申込ボタンを押すと主催者文藝春秋様のサイトへ移行いたします。

 
ウェビナー
文藝春秋主催|ROIC経営 第4弾
Online
05/30/2024 - 13:00-17:00 JST
見る
Back To Top