臨床上の不要なばらつき解消や、アウトカム改善に向けて医療チームを支援

病院では、根拠のない臨床上のばらつきの解消に取り組むことで、患者アウトカムを継続的に改善しながら、同時にコストを抑えるというプレッシャーへ対処に役立つ可能性があります。ケアのばらつきは、効率の悪さ、有害事象、入院の長期化、死亡率の増加につながるおそれがあります。すなわち、医療の質に関する指標すべてに影響するということです。

病院および大規模医療法人では、エビデンスに基づいた信頼性の高い意思決定支援リソースにより、入手可能な最良のエビデンスに沿った臨床意思決定を保証し、ケアの新たなアプローチの導入を促し、ケアに関する判断を医療チーム全体で統一することで、ケアのばらつきの抑制に役立つ可能性があります。こうした臨床意思決定支援リソースの中でも、入院期間、診断ミス、不要な検査や紹介を減らしながら、患者アウトカムを改善する効果があるとされているのはUpToDateのみです。UpToDateのトピックは、1日160万回以上の閲覧回数を誇っています。190カ国以上で、医師をはじめとする200万人以上の医療従事者がUpToDateを日々の診療の中で使用しています。米国では教育病院の9割、病院および大規模医療法人の3分の2がUpToDateを使用しています。

お問い合わせ

graph up chart diagram arrow increase growth raise icon

アウトカムの向上

UpToDateは、患者アウトカムの向上に結びつく唯一の臨床意思決定支援リソースです。

health patient bed medical care treatment icon

UpToDateを使用した医師が患者の治療に関する判断を変える割合は37%

UpToDateの使用が意思決定の変更につながり、患者ケアに直接影響を与えていることが、複数の査読付き研究で実証されています。

ipad tablet education touch screen handheld mobile device icon our work enhancing the customer experience

生涯教育(CME/CE/CPD)単位の取得

医療従事者は、UpToDateで臨床上の疑問を調べるのに費やした時間を、継続的専門能力開発(CPD)の要件を満たすために使用できます。追加の費用や試験の必要はありません。

診断ミスが91%低下
2018年に日本で行われた、地域の病院の外来を受診した患者100人を対象とした研究では、半数がUpToDateを使用している医師が診察した患者、半数はUpToDateを使用していない医師が診察した患者でした。この両患者群の間で誤診率が比較されました。

その結果、UpToDateを使用している医師が診察した患者での誤診率は2%であったのに対し、

UpToDateを使用していない医師が診察した患者での誤診率は24%でした。
  • 倉敷中央病院が提供する世界レベルの医療をUpToDateが支援
  • 米国カリフォルニア州のウッドランドヘルスケア財団が、UpToDateの使用により患者の安全性、医療の質向上、コスト削減で高評価を獲得
UpToDateのコンテンツは、医師がどのように判断し、診療を行うかを反映するように執筆・構成されています。12,000件以上の臨床トピックが掲載されているUpToDateは、当院の医師にとって最も有用なリソースの一つです。診療だけでなく、症例報告、研究、プレゼンテーションにも役立ちます。
福岡敏雄医師
詳細はこちら
これまでのキャリアの中で、医師がUpToDateを取り入れることでケアの質が大幅に向上するのを何度も見てきました。
マイケル・パトマス医師
病院または医療機関用複数ユーザー向け購読オプション
詳しい情報をご希望の方には、お客様に最適なUpToDate購読オプションを営業担当者よりすぐにご案内いたします。