最も必要な場所 ー ワークフローで臨床意思決定支援を利用

電子健康記録(電子カルテ)は今や医療に欠かせないツールとなり、患者データ、ケアに関する意思決定、指示、書類などを一元的に管理する場所として機能しています。

医療活動の多くが電子カルテシステム内で調整・記録されている現在、このようなワークフローにUpToDateを戦略的に組み込めば、臨床上の疑問をすばやく、簡単に、かつ日常的なワークフローの中で解決できるようになり、アウトカムの向上を促進する鍵となります。リンクを設定する方法や、HL7 Infobuttonで状況に即した具体的なコンテンツにアクセスできるようにする方法などで電子カルテに統合すると、UpToDateを最大限に活用できます。コンテンツを重視したUpToDateとのパートナーシップは、医療チームに新たな価値をもたらします。

電子カルテへのUpToDateリンク設定で得られるメリット

UpToDateを電子カルテに統合すると、信頼性の高い臨床意思決定支援をポイントオブケアにより近いところで利用できるようになり、アウトカムや満足度の向上が促進されます。また、患者に対する推奨事項の作成や検査結果の評価、患者教育にも、エビデンスに基づいたソリューションをワークフローで利用できるようになります。さらに、電子カルテに設定されているUpToDateへのリンクから検索を行うと、生涯教育(CME/CE/CPD)単位を取得できます。

ウォルターズ・クルワー クリニカル・エフェクティブネス部門の最高医療責任者(CMO)を務めるピーター・ボニス医師が、臨床意思決定支援と電子カルテの統合が今日、ケアの向上にどのように役立つかを説明する動画をご覧ください。

uptodate
動画を見る

電子カルテへのUpToDateリンク設定に関するユーザーの反応:

uptodate

UpToDateへのリンクを電子健康記録(電子カルテ)に設定すると、臨床医は25の専門領域にわたって掲載されている12,000件以上のトピックにアクセスできるようになります。

この統合により、推奨治療法、検査結果に関する情報、患者向け教育資料など、臨床医が必要とするコンテンツをポイントオブケアでのワークフローに取り入れることができます。

出典: 2015年7月、臨床医2,526名を対象とした調査
システム要件

UpToDateの統合には、適切なライセンスが必要です。地域によってはご利用いただけない場合がございます。UpToDateは、厳選された電子カルテ業者と提携していますが、そのさらに多くの提携業者の皆様にそのツールをご利用いただけるようにすることを現在検討しています。こうしたAPIの準備が整い次第、業者の皆様にお知らせします。

米国およびカナダでの電子カルテへのUpToDate統合についての詳細:
UpToDate営業担当者ににお電話(1-888-550-4788)、またはFAX(+1-781-642-8890)にてお問い合わせください。

各システムからのUpToDateへのアクセス:
  • Allscripts®

    検索リンクの設定
    AllscriptsにUpToDateを組み込むと、臨床医は臨床上の問題をワークフローの中で解決できるようになります。Allscripts EnterpriseとSunriseをご利用のお客様は、左側にある垂直のツールバーや一番上にある水平のツールバーにリンクを設定できます。Allscriptsでは、UpToDateへのリンクを各画面に設定可能です。

    AMA PRA Category 1 Credit™
    シングルサインオン機能でAllscriptsにログインし、AllscriptsからUpToDateを検索すると、米国医師会(AMA)の医師認定単位であるPhysician’s Recognition Award(PRA)Category 1 Credit™またはAmerican Association of Nurse Practitioners(米国ナースプラクティショナー協会:AANP)のcontact hours(学習時間)を取得できます。

  • Cerner®

    検索リンクの設定
    UpToDateのフリーテキスト検索リンクを、Center Organizerの一番上にあるツールバーに設定すると、カルテを開かなくてもトピックをすぐに検索できます。

    HL7 Infobutton

    • 具体的な患者の診断、問題点、投薬、検査結果など、設定した項目に関連するUpToDateのコンテンツをカスタム検索できます。
    • 臨床意思決定支援へのリンクを設定すると、電子カルテの相互運用性の促進(Promoting Interoperability)要件を満たすのに役立ちます。

    UpToDate HL7 Infobuttonを患者カルテへ
    重要な臨床語句を強調表示し、HL7 Infobuttonを選択すると、その語句が患者の状況に即した情報とともにUpToDateに自動送信されます。検索結果はUpToDateの結果ページに表示され、UpToDateの全コンテンツにそのままアクセスできます。

    AMA PRA Category 1 Credit™
    リンクを設定すると、検索する度にAMA PRA Category 1 Credit™やAANP contact hoursを追加料金なしで取得できます。

    医師の満足度向上
    「施設内のネットワーク全体で、UpToDateをCerner Millennium EMRに統合しました。これがよい結果を生み、臨床情報を必要とする時、すなわち患者の診察中に速やかにアクセスできるようになりました。内容が優れているため使用度も高く、臨床医はCMEプログラムも高く評価しています。」

    ニール・クドラー医師
    米国マサチューセッツ州スプリングフィールド、ベイステート・ヘルス、ITサービス部門メディカルディレクター

  • eClinicalWorks

    検索ボックスの設定
    UpToDateへのリンクを設定すると、臨床ワークフローの中で疑問を解決できるようになります。シングルサインオン機能により、eClinicalWorksユーザーはワンクリックでUpToDateにアクセスできます。UpToDateの検索ボックスに語句を入力するだけで、結果が表示されます。患者カルテへはワンクリックのみで簡単に戻れます。

    AMA PRA Category 1 Credit™
    UpToDateへのリンクがあれば、eClinicalWorksからUpToDateを検索したとき、追加料金なしでAMA PRA Category 1 Credit™やAANP contact hoursを取得できます。

    スピーディな導入
    「eClinicalWorksへのUpToDate統合は、これ以上ないほど素晴らしいと思います。導入はスイッチを入れるがごとく簡単で、医師も学際的チームもとても気に入っています。」

    グレッグ・L・ウルバートン、Healthcare Information and Management Systems Society, Inc.(FHIMS)
    米国アーカンソー州オーガスタ、ARcare/KentuckyCare、最高情報責任者(CIO)

  • Epic®

    EpicからUpToDateへのフリーテキストリンク
    Epicのユーザーは、UpToDateのフリーテキスト検索を実行できます。左側や一番上にあるヘルスリンクツールバーから、どんなトピックもすぐに検索できるようになります。

    HL7 Infobutton

    • 具体的な患者の疾患、状態、投薬、検査結果、年齢、性別などに関連するUpToDateのコンテンツをカスタム検索できます。
    • 臨床意思決定支援へのリンクを設定すると、電子カルテの相互運用性の促進(Promoting Interoperability)要件を満たすのに役立ちます。

    HL7 Infobuttonを使用してEpicからUpToDateにアクセスするように設定すると、Epic電子カルテの以下の場所からUpToDateのコンテンツを利用できます。

    • Problem List
    • Health Maintenance
    • Clinician Order Entry
    • Chief Complaint
    • Allergies Activity
    • Manage Orders Activity
    • Orders Navigator Section
    • Medications Activity
    • Results Review Activity
    • SmartSets, Order Sets, and Pathways
    • Vitals Navigator Section
    • Medications and Orders Navigator Section

    患者教育の統合
    患者教育を容易に利用できるようになります。主要な患者教育資料を、Epicのワークフローに簡単に組み込めます。

    AMA PRA Category 1 Credit™
    UpToDateの医師生涯教育(CME)リンクを設定すると、AMA PRA Category 1 Credit™やAANP contact hoursを追加料金なしで取得できます。

    医師の満足度向上
    「イントールはとても簡単でした。完了までの作業をすべて1人で行いましたが、かかった時間は文字通り数時間でした。」

    ディビッド・C・ケルバー医師、博士、公衆衛生学修士
    米国オハイオ州クリーブランド、メトロヘルス・メディカル・センター、最高医療情報責任者(CMIO)

  • Intersystems TrakCare

    検索オプションと利用可能なアクセスポイント
    TrakCare Patient Bannerに設定した検索ボックスから直接、UpToDateのフリーテキスト検索を利用できます。

    状況に即したクイック検索ーTrakCare InfoLink使用
    TrakCare Patient Bannerに設定したUpToDateへのリンクアイコンから、医療従事者や患者向けの情報や図表をフリーテキスト検索できます。年齢など、患者の状況に即した関連情報を入力すると、検索精度が高まります。

    的を絞った検索 – TrakCare InfoLink使用
    検索語句と患者に即した情報を使い慣れた言語で入力すると、関連性の高いトピックが表示されます。アクセスポイントは、Diagnosis Entry - Diagnosis List - Diagnosis History、Problem List、Allergy List、Test Item Lists (Lab/Procedure)、Order Lists、Medication List (Generic Name)、およびGeneric Term Listです。

    的を絞った検索 – HL7 Infobutton使用
    国際規格に準拠したHL7 Infobuttonを使用すると、コード化された医学用語、英語での検索語句、患者の状態に即した情報から、関連性の高いトピックが表示されます。アクセスポイントは、上記のInfoLinksと同じです。

  • MEDITECH®

    HL7 Infobutton

    • 具体的な患者の診断、検査結果、投薬に関連するUpToDateのコンテンツをカスタム検索できます。
    • 臨床意思決定支援へのリンクを設定すると、電子カルテの医療ITの有効利用(Meaningful Use)/相互運用性の促進(Promoting Interoperability)要件を満たすのに役立ちます。

    HL7 Infobuttonを使用してMEDITECKの患者記録からUpToDateへリンク
    Problem List、Medication Panel、Lab Panel画面に表示される語句の横にあるInfobuttonを右クリックすると、その臨床用語とソース情報(問題、検査結果、投薬)が患者の状況に沿った情報とともにUpToDateへ自動送信されます。検索結果はUpToDateの結果ページに表示され、UpToDateの全コンテンツにそのままアクセスできます。

    患者教育の統合
    患者教育を容易に利用できるようになります。主要な患者教育情報を、MEDITECKのワークフローに簡単に組み込めます。

    AMA PRA Category 1 Credit™
    リンクを設定すると、HL7 InfobuttonやReferential検索を実行する度に、AMA PRA Category 1 Credit™やAANP contact hoursを追加料金なしで取得できます。

    医師の満足度向上
    「UpToDateをMEDITECHに統合し、時間を大幅に節約できるようになりました。使い方もとても簡単で、クリックするだけで情報が得られます。現在最も容易に使用できる電子情報源です。」

    ステーシー・ジョンソン医師
    米国サウスカロライナ州ビューフォート、ビューフォート記念病院、ホスピタリスト

  • NextGen®

    組み込みリンク
    NextGenにUpToDateへのリンクを設定すると、臨床上の疑問をワークフローの中で解決できるようになります。NextGen Patient Chartの左側にあるナビゲーションバーにUpToDateへのリンクを設定可能です。

    AMA PRA Category 1 Credit™
    シングルサインオン機能でNextGenにログインし、NextGenのPatient RecordからUpToDateを検索すると、AMA PRA Category 1 Credit™やAANP contact hoursを追加料金なしで取得できます。

    質の高い効率的なケア
    「NextGenへのUpToDate統合により時間を節約でき、ケアの質も向上しました。最新の臨床情報にスムーズかつ簡単にアクセスできるようになりました。大変気に入っています。」

    フェリックス・F・カルピオ医師、公衆衛生学修士
    米国カリフォルニア州ロサンゼルス、AltaMed、臨床情報学メディカルディレクター

他の臨床リソースとの提携で医療チームを支援
Wolters Kluwerは、医学、看護学、コメディカル、薬学の専門家や学生への情報提供をリードする会社です。Wolters Kluwerの補完的製品は、臨床ワークフローとシームレスとシームレスに連携し、患者ケアと医療従事者の満足度向上を支援します。

Pharmacy One Source Sentri7

Sentri7は、リアルタイムの患者監視システムで、医療介入を強化し、アウトカムと医療の質を高め、害を回避します。

UpToDateとSentri7の両方を利用している機関では、この2つを統合すると、Sentri7の検索バーにUpToDateの検索結果も合わせて表示されます。詳しくは、Sentri7のウェブサイトをご覧ください。

Ovid

Ovidを導入すると、エビデンスに基づいたガイドラインOvid MEDLINE®や、所属機関の主要な臨床学術誌、書籍、データベースの全体を一度に検索できます。UpToDateとOvidの両方と契約している機関では、併用によるメリットが得られます。所属機関のOvid購読で、ある論文の全文を閲覧できる場合は、UpToDateの抄録ページにOvidフルテキストリンクが表示されます。Ovidでは、UpToDateのコンテンツも含めて一度に検索できます。詳しくは、Ovidのウェブサイトをご覧ください。

VisualDx®

VisualDx®とUpToDateの両方の施設ライセンスがある機関では、この2つのソリューションを統合すると、症状を可視化して示す医療画像の広範なライブラリと、鑑別診断を迅速化するツールを利用できるようになり、医療チームは患者の診断時にさらなる支援を得られます。疾患と関連する画像がVisualDxにある場合、UpToDateの検索結果やトピックの参考文献の欄にオレンジのアイコンが表示されます。これにより、画像を教科書で探し回る必要がなくなり、患者との限られた時間を節約できます。VisualDxのライセンスをお持ちでない機関で、90日間の無料試用をご希望の場合や、VisualDxとUpToDateの併用についてご質問がある場合は、VisualDx(1-800-357-7611)までご連絡ください。