ヘルス09 8月, 2021

ウォルターズ・クルワーと米国外科学会が出版における協業を発表

ウォルターズ・クルワー・ヘルスは、外科患者の医療の質向上を目指す科学教育組織、米国外科学会(American College of Surgeons:ACS)と複数年契約を締結したことを発表しました。

2022年1月より、ウォルターズ・クルワーはACSの最重要臨床刊行物であり、世界でも引用件数の多い外科分野専門誌のひとつである Journal of the American College of Surgeons(JACS)を出版します。同誌のインパクトファクターは6.113、ランキングは外科分野270誌中第9位となっています。

米国外科医師会会員(FACS)であり、JACS編集長のTimothy Eberlien医師は、次のように述べています。「ウォルターズ・クルワーと協業することで、世界のより多くの外科医にリーチし、JACSを通して臨床現場に変化をもたらす最高品質の研究を届けられることに興奮しています。ウォルターズ・クルワーのデジタルソリューションと医学出版に関するグローバルな専門知識により、外科分野におけるJACSの専門誌としてのステータスは確固たるものとなり、一層向上すると考えております。」

Journal of the American College of Surgeons(JACS)は、論文審査を通して外科のあらゆる側面に独自の貢献をするとともに、高品質かつ迅速な情報検索を外科医に提供することを目指しています。ウォルターズ・クルワーは、デジタルチャネルの中でも世界で最も信頼されている医学情報検索プラットフォームOvid®におけるアクセスと配信を通して、JACSのグローバルリーダーシップ強化に邁進します。

ウォルターズ・クルワーのヘルス・ラーニング・リサーチ&プラクティス事業部プレジデント兼CEOのGreg Samiosは、次のように述べています。「米国外科学会は、外科教育と実践に高い基準を設定すべく取り組んでいることで高い評価を受けています。そのミッションを分かち合い、出版パートナーとして同学会をサポートできることを光栄に思います。ACSと協業し、最新の外科研究及びガイダンスへのアクセスを増やすことで外科患者の医療を向上させるというミッションを実現することを楽しみにしております。」

また、米国外科学会専門医(FACS)であり、ACSのエグゼクティブディレクターであるDavid B. Hoyt医師は、次のように述べています。「私たちは、より強力かつグローバルな外科分野の組織となる過渡期にいます。今回、新たにウォルターズ・クルワーと協業することは、全世界の外科医にとってJACSの価値向上のための触媒となるでしょう。また、Ovidでジャーナルコンテンツを配信することで、外科医はデスクトップやモバイルデバイス上で、ジャーナルのコンテンツについてより洞察に満ちた検索を確実に行えるようになるのです。」

米国外科学会の詳細については、www.facs.orgをご参照ください。

ウォルターズ・クルワーについて
ウォルターズ・クルワー(WKL:Wolters Kluwer)は、医療、税務・会計、ガバナンス、リスク管理とコンプライアンス、法規制の部門に向けた専門的情報、ソフトウェアソリューションとサービスのグローバルリーダーです。深い専門知識と特殊技術・サービスを一つにした専門的ソリューションを提供して、顧客が日々の重要な意思決定を行えるようにします。
ウォルターズ・クルワーは、2020年の収益を46億ユーロと報告しました。同グループは180か国以上の顧客にサービスを提供し、40か国以上に業務を展開、世界中で約1万9200人を雇用しています。同社はオランダのアルフェン・アーン・デン・レインに本部を置いています。
ウォルターズ・クルワーはユーロネクスト・アムステルダム(Euronext Amsterdam)に上場しており(WKL)、AEXとユーロネクスト100株価指数(Euronext 100 indices)に含まれています。ウォルターズ・クルワーはレベル1米国預託証券(ADR:American Depositary Receipt)プログラムのスポンサーを務めました。ADRは米国の店頭取引市場で取引されています(WTKWY)。