Is There Too Much Compliance in your Audit Plan?
法務財務税務と会計01 10月, 2021

内部監査部門の変革 - 継続的な内部監査改善の文化を育むことで、組織として結果を出す

内部監査部門の変革に関するこの連載記事のパート1~3では、継続的かつ戦略的に整合性の取れた変革を実現している内部監査部門の戦略の4つの特徴を特定し、最初の3つの特徴について検証しました。

  1. から始める- – シンプルでありながらモチベーションにつながる目的主導型の戦略を策定している。
  2. 明確な成果目標を設定し、それを達成するための活動計画を策定する – いつ、何を変更すべきかについて意思決定する際の指針となるフレームワークを策定している。
  3. すべての活動の照準を戦略的成果の達成に合わせる  - 全員がこの戦略に向かって足並みをそろえ、確実に同じ方向に進んでいる。
  4. 継続的な内部監査改善の文化を育むことで、組織として結果を出す - 一歩先へと変革を進める継続的なプロセスを追求し、失敗から学びながら、成果を上げている。

パート4では、特徴4について検証し、内部監査部門の成果を達成する可能性を高めるための組織としての取り組み方とそれを実行する確立された活動について考察します。

完全なレポートのコピーを受け取る
Jonathan Chapman
リスクと内部監査の変革を専門とするコンサルタント
ジョナサン・チャプマンは、内部監査の機能戦略とチェンジマネジメントの専門家です。
Back To Top