ウェビナー財務

PwC共催|データドリブン経営を見据えた税務プラットフォームの構築

オンデマンドにつき配信終了日 3/29 (金) までいつでも視聴可能
Online

デジタル経済課税の導入により、税の世界は大きな転換期を迎えています。これまでのように各国の税制に対応して完結するのではなく、グローバル各国・地域の制度が相互に関係する中で、税のみではなく会計や事業などの情報も踏まえた対応が必要になっており、各企業はグループ全体の状況を適切にとらえることが不可欠となっています。また、外国子会社合算税制や国別報告への対応も含めると、グループ全体の情報をいかに効果的かつ効率的に収集するかが、大きな鍵を握ってくると考えられます。 

本セミナーではこのような課題の解決に向けて、税の「データ」という観点から実際の対応事例やソリューションモジュールを紹介し、適切な対応方法について解説します。 

開催概要 

配信方法:オンデマンド配信 

対象: 多国籍企業の財務・経理責任者、財務・経理・税務部門、経営企画部門、海外事業部門などの担当者 

参加費: 無料(事前登録制) 

視聴時間:約60分 

※お申込みボタンを押していただくとPwC様のウェブサイトへ移行いたします。 

留意事項 ※競合企業の方の応募、フリーメールでの登録はご遠慮ください。 

※プログラム内容、講演者については変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

※お申込み完了後に視聴URLをメールにてご案内いたします。 

※本セミナーは、PwCが監査を担当している法人に所属しない方の視聴を想定したコンテンツとなっております。監査クライアントへは、一部のサービスが提供できない可能性があるのでご留意ください。 

本セミナーでお預かりした個人情報は、PwC JapanグループおよびTagetik Japan株式会社がそれぞれ取得し、営業、マーケティング目的および各組織の個人情報保護方針等に定める利用目的の範囲内で利用いたします。

PwC Japanグループ:「個人情報保護方針」(https://www.pwc.com/jp/ja/sitemap/privacy.html

Tagetik Japan株式会社:「個人情報の利用方法」(https://www.wolterskluwer.com/ja-jp/privacy-cookies

ウェビナー
PwC共催|データドリブン経営を見据えた税務プラットフォームの構築
Online
オンデマンドにつき配信終了日 3/29 (金) までいつでも視聴可能
申し込む
Back To Top