ヘルス23 12月, 2020

臨床意思決定支援リソース「UpToDate」が「セコム・ユビキタス電子カルテ」のオプションサービスとして採用

中小規模医療機関のEBM実践と共有意思決定をサポートし、システムへの投資を最大化

ウォルターズ・クルワー・ヘルスは、臨床意思決定支援(CDS)リソース「UpToDate ®」が、セコム医療システム株式会社のクラウド型電子カルテシステム「セコム・ユビキタス電子カルテ®」のオプションサービスとして採用されたことを発表しました。

初期投資や運用コストの削減を目的として、クラウド型電子カルテの導入がクリニックや中小規模病院を中心に加速しています。しかし、既存システムからの移行には費用がかかることに加え、医療システムの導入のみで医療の質や臨床効率を大きく改善することは難しいため、早期の投資回収が課題となっています。一方、最新のエビデンスに基づく正確な医療情報は、施設の規模にかかわらず求められています。

セコム・ユビキタス電子カルテは、オンプレミス型電子カルテに引けを取らない豊富な機能を搭載した、無床クリニックや中小規模病院向けクラウド型電子カルテです。本オプションサービスの利用施設では、電子カルテの検索窓からUpToDateの臨床トピックをキーワード検索して表示したり、アイコンをクリックするだけでUpToDateのホーム画面を立ち上げることが可能です。

また、UpToDateから得た情報は診療エビデンスとして電子カルテに容易に記録可能なため、患者様の診療に関わるすべての情報を電子カルテに集約し、医療の質の向上とケアのばらつき防止を図ります。加えて、電子カルテを中心に構築されたワークフローに臨床意思決定支援リソースを直接組み込むことで、プロセスを効率化しつつ診察や治療にUpToDateを常時活用可能なため、システムへの投資効果を最大化します。

UpToDateをセコム・ユビキタス電子カルテと組み合わせて日常の診療を行っている、医療法人北海道家庭医療学センター 副理事長/更別村国民健康保険診療所長 山田康介医師は、次のように述べています。「UpToDateは、医師の研鑽としての利用はもちろん、診察中に患者様と一緒に疑問を解決するツールとしても利用しています。今は『患者様と一緒にブラウザーを見ながら診察する時代』。患者様と一緒に電子カルテを見ながら、画面を切り替えることなくUpToDateにも素早くアクセスし、エビデンスに基づく有益な情報をお見せすると、患者様にも適切な医療情報を提示できます。医師と患者様とで、同時に臨床意思決定ができるのです。」

ウォルターズ・クルワー・ヘルス クリニカル・エフェクティブネス カントリーマネージャーの藤堂 正憲は、次のように述べています。「セコム・ユビキタス電子カルテへのUpToDate追加がサポートされたことにより、家庭医療の中核を担う中小規模医療機関でのEBM実践をより強力に支援できるようになりました。当社では今後も病院経営の質とアウトカムの向上をお手伝いしてまいります。」

ウォルターズ・クルワーについて
ウォルターズ・クルワー(WKL:Wolters Kluwer)は、医療、税務・会計、ガバナンス、リスク管理とコンプライアンス、法規制の部門に向けた専門的情報、ソフトウェアソリューションとサービスのグローバルリーダーです。深い専門知識と特殊技術・サービスを一つにした専門的ソリューションを提供して、顧客が日々の重要な意思決定を行えるようにします。
ウォルターズ・クルワーは、2020年の収益を46億ユーロと報告しました。同グループは180か国以上の顧客にサービスを提供し、40か国以上に業務を展開、世界中で約1万9200人を雇用しています。同社はオランダのアルフェン・アーン・デン・レインに本部を置いています。
ウォルターズ・クルワーはユーロネクスト・アムステルダム(Euronext Amsterdam)に上場しており(WKL)、AEXとユーロネクスト100株価指数(Euronext 100 indices)に含まれています。ウォルターズ・クルワーはレベル1米国預託証券(ADR:American Depositary Receipt)プログラムのスポンサーを務めました。ADRは米国の店頭取引市場で取引されています(WTKWY)。
 
関連トピックを確認
連絡先
Tatsuya Yoshizawa
Regional Enterprise Marketing Manager, Clinical Effectiveness
Health