パワーユーザー・クラス

  • データモデル:データモデルの定義とメンテナンス、集計構造、各ディメンションの関連情報について学習します。このモジュールは、eラーニングクラスまたは対面クラス(オプション)での受講が可能です。
  • レポート出力:CCH Tagetik実装の柱となるデータ参照とデータ入力のための基本的なレポート機能の使用方法について学びます。
  • 垂直トピック:日常業務の一部となる垂直トピックを追加する方法について学びます。例:ETL、FAM、またはデータエントリーの設計。
  • オンラインテスト:最初の2つのステップに関する任意のオンラインテストを完了します。この試験は、あなたのCCHTagetikのスキルを自己評価するために使用することができ、ご自身で改善できる分野を特定するのに役立ちます。テストに合格すると、「認定パワーユーザー」の修了証書が授与されます。

プロジェクトの深掘り:この最後のステップは、実際のコースではありませんが、学習パスを完了するために受講をお勧めします。このステップでは、各コースで学んだベストプラクティス、ヒント、および特徴を実際のアプリケーションとリンクさせて、ご自身のプロジェクトの資料化について学習します。これは、自分の知識を見直し、どの分野に追加の見直しが必要なのかを理解する絶好の機会となります。

どうしてこのパスに沿って学習する必要があるのでしょうか?

この学習パスは、製品のコアとなる知識だけでなく、ベストプラクティスやアプリケーションの保守と管理の方法を提供するように設計されています。これらのクラスはご自身のペースで受講することができます。
この学習パスを修了することで、CCH Tagetikを最大限に活用し、認定パワーユーザーになるための投資が確実なものになることをお約束いたします。