内部監査は、独立した、公正中立かつ客観的な見地から、プロセス及び統制、データ、ガバナンスと従業員の活動について分析しモニタリングを実施することで、倫理に則った企業活動を担保し、またその結果についてフィードバックを提供することを目的としています。内部監査は企業のリスク管理及びガバナンス、並びに内部統制が効果的に機能していることを担保し、一定期間以上チェックが行われなかったことが原因となり何らかの不正が引き起こされることを防止します。

内部監査が客観的であるため、経営層は盲点の発見や内部統制プロセスの改善を行うためにしばしば内部監査を活用します。内部監査の対象となるプロセスは何でしょうか?営業活動、オペレーションから財務報告、データの正確性、コンプライアンス、そして不正に至るまであらゆるものがその対象となるのです。
CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:
企業パフォーマンス管理ソフトウェア