ダッシュボード・レポーティングとは、ビジネス・ユーザーに、関係するビジネス指標とKPIとを明示する、レポーティング・インタフェースを指します。ここでは、報告を行うマネージャーは、関係する業績データをリアルタイムで確認することができます。レポーティング・ダッシュボード上では、アクションが迅速に実行できるように、主な変更は瞬時に反映されます。特に決められたフォーマットはありませんが、典型的なダッシュボードはスプレッドシート型データを視覚化した分析、例えば円グラフ、棒グラフ、マップ、ゲージ、あるいはその他パフォーマンスや進捗に関する情報を含むのが一般的です。

KPIダッシュボードは、以下を含みます。

  • Webベースのレポート
  • KPIのスコアカード
  • パーソナライズされたポータル・ページ
  • データマートによるデータ収集

開示報告書はどのように作成されるのでしょうか?

組織は、管轄の規制当局や会計機関が定めた会計基準や規制機関に従って、開示報告書を作成します。例えば、米国では、米国財務会計基準審議会(FASB)が、米国で一般に認められた会計原則(US GAAP)に基づいて企業のための多くの基準を決定し、SECは、公開企業による特定の情報の開示を義務付けています。

一方、国際企業は、国際会計基準審議会(IASB)が採択した開示基準に従い、国際財務報告基準(IFRS)に基づいて開示情報を作成しなければなりません。

規制当局は、情報をいつ、どれだけ、どこで開示しなければならないかについて要求しています。例えば、SECは10Kレポートを四半期ごとにSECに提出することを要求しています。

CCH Tagetikパフォーマンス管理ソフトウェアがどのように以下を実現するかを知る:
分析レポート