財務05 10月, 2020

すべてを追跡する監査証跡

経営企画/経理部門は、データの出所を把握しておく必要があります。このビデオでは、CCH Tagetikが備える詳細で完全な監査証跡と、エンドユーザーが監査データに簡単にアクセスできる手順を2分間でご紹介します。

2-min-demo-banking-budgeting-forecasting
ビデオを見る
デモをリクエストする

経営企画/経理部門は、データの出所を把握しておく必要があります。このビデオでは、CCH Tagetikが備える詳細で完全な監査証跡と、エンドユーザーが監査データに簡単にアクセスできる手順を2分間でご紹介します。

字幕

ユーザーがアプリケーションにログインした瞬間からログアウトした瞬間まで、CCH Tagetikのすべてがシステムの監査機能で追跡されます。

例えば、この営業費用のデータ入力レポートを見てみましょう。エンドユーザーである私は、アプリケーションにログインし、データ入力を開始します。

保存すると、監査テーブルに記録が作成されます。

もし、ある値の監査を見たい場合は、そのセルをドリルダウンして、そのデータがどこから来たのかを正確に確認することができます。

例えば、配賦や連結から来たものであれば、誰が変更したのか、変更した日時が元になっています。さらに、CCH Tagetikの監査には、変更を段階的に追跡できる設定があります。CCH Tagetik内で行われるシステム活動に関しては、やはりすべてが監査テーブル内で追跡されます。

例えば、どのようなプロセスが実行されたかを確認したいとします。

ここでは、データ処理アクティビティに特化してフィルタリングされた監査テーブルの例を示します。

各アクティビティに関連するすべての詳細が表示されています。

これは、CCH Tagetikのすべての監査で一貫しています。もちろん、より多くの情報を得るためにレコードにドリルインすることもできます。私たちは、探しているものを絞り込むために、いくつかのオプションを使用して監査ビューをフィルタリングすることができます。例えば、特定のユーザーや日付でフィルタリングすることができます。そして最後に、CCH Tagetikはすべてのメタデータの変更を同じ方法で追跡します。ここでは、コストセンターの名前を変更しています。

これらの変更はすべて、監査テーブル上で追跡されています。ユーザー、変更の日付とタイムスタンプ、変更されたフィールド、そして最も重要なのは、古い値と新しい値を見ることができます。いつものように、これらのレポートをエクスポートしてオフラインで見ることができます。CCH Tagetikは、システム内で発生するすべてのことを完全に監査します。

すべてのビデオを見る