state-of-budgeting-planning-research-report
財務19 8月, 2021

サプライチェーン計画の成熟度に関する実践的なガイド

反応計画から予測計画まで、サプライチェーンの成熟度に関する実践的なガイド

25年以上の経験を持つ弊社は、ビジネス計画を予測の方向にシフトすることで、組織がオペレーショナルエクセレンス、前例のない成長、およびサプライチェーンの成熟に到達できるよう支援してきました。これらの取り組みの鍵となる主なビジネス推進要因は、通常、お客様の最大のコスト/利益センターであるサプライチェーンにあります。 
 
AMRの調査によると、「サプライチェーンの勝者と敗者を分けるのは、数十億ドルの営業利益率と数兆ドルの時価総額である」とされています。 
 
さらに、クラス最高のサプライチェーンには次のような特徴があります。 

  • 在庫を15%削減 
  • 完全受注の17%増 
  • キャッシュサイクル時間を35%短縮 
  • 競合他社より90%少ない在庫切れ 

予測計画は、高度な分析と人間の最高の洞察力を組み合わせたものです。予測計画状態では、組織は計画サイクルに必要な時間とリソースを削減し、計画全体のリスクレベルを評価し、企業目標に沿った結果を生成できます。弊社はミッドマーケットからFortune 100社まで、世界中のお客様とパートナー関係を結び、サプライチェーン計画、販売計画・業務計画(S&OP)、統合事業計画(IBP)を推進しています。 
 
弊社では、Predictive Planningを通じて、販売計画・業務計画(S&OP)の成熟度を向上させ、利益重視の計画に取り組み、競合他社よりも優れた成果を上げるための、以下の4つのステップからなるガイドを作成しました。 

  • 計画の一元化 
  • 意思決定の自動化 
  • リスクレベルの評価 
  • コラボレーションによる付加価値の実現

弊社のPredictive Planningは、クラウドベースの統合事業計画プラットフォームであり、計画のデジタル化、計画エラーの削減、および目標の迅速かつ大規模な達成を支援します。 

フォームに入力して、サプライチェーン計画の成熟度に関するガイドをダウンロードしてください。 

 

すべてのリソースを見る
Back To Top