財務22 5月, 2019

2分間デモンストレーション: IFRS16 ASC842のリース会計

CCH Tagetikソリューションは、新しいリース会計基準への移行を柔軟かつ信頼性の高い方法でガイドし、管理します。カスタマイズ可能な事前設定により、リースデータの収集、計算、開示を迅速かつ効果的に行うことができます。
2-min-demo-ifrs16-asc842-lease-accounting-thumbnail
ビデオを見る
デモをリクエストする

字幕

 CCH Tagetikのリース会計ソリューションは、国際基準IFRS16、ASC840およびASC842を含む新しいリース会計ルールに対応しています。


主な機能をご紹介します。CCH Tagetikは、IFRS16とASC842に準拠し、あらゆる資産クラスの完全なリースリポジトリを作成し、既存のリース管理ソフトウェアを容易に統合し、総勘定元帳に転記することができます。さらに、CCH Tagetikのプラットフォームでは、プランニングシナリオを管理し、レポート作成や監査のための適切なツールを提供します。CCH Tagetikリース会計は、事前に定義された勘定科目と複式簿記の会計ロジック、ユーザーのすべての活動をガイドするエンドツーエンドの業務フロー管理、移行管理を処理するためのあらゆるアプローチ、資産レベルのデータを閲覧する分析レポート層、外部システムから大量かつ容易にデータを取り込むための標準フォーマットなど、すぐに使用できるソリューションです。結果として、あなたは迅速に好みの設定を行い、リースデータを取り込み、すべての結果を把握することができます。CCH Tagetikのアプローチとは何かを見てみましょう。

CCH Tagetik のリース会計ソリューションは、既存のリースデータを活用するために、簡単に相互作用できる既存の会計プロセスと一緒に動作します。

同時に、そのデータ入力機能を利用して、単独のエントリーポイントとしても使用できます。

強力なデータ検証機能により、一貫性のあるリースデータのインポートが保証され、強力なエンジンにより、さまざまなレイヤーへの転記、開示、報告が行われます。結果として、このERPに依存しないアプローチは、グループ全体および個々の実装シナリオを簡素化し、標準化することができます。この非破壊的なアプローチを使用することで、信頼性の低いカスタムツールや非効率的な手作業を排除し、パッケージ化されたコンテンツを活用して導入を迅速化することができます。なぜCCH Tagetikがリース会計の最適なパートナーなのか?CCH Tagetikは、200社以上のお客様とのリース会計の経験から、多くのIFRS基準に対して信頼性の高い広範なロードマップを持っています。クラウドでもオンプレミスでも、リースデータの取得から計上のリリース、開示まで、リース会計のプロセスをエンドツーエンドでカバーすることができます。リース会計コミュニティの詳細については、今すぐお問い合わせいただくか、ウェブサイトでCCH Tagetikを使って達成したお客様の声をお聞きください。

すべてのビデオを見る